メンテナンス

maintenance_top

見て、触れて、話を聞いて診断する「Dr.メンテナンス」。

最新の設備や機器を駆使することはもちろんですが、コスモ最大のチカラは人間力に尽きます。機器を頼りにエレベーターを点検するのではなく、見て、触れて、話を聞いて、患者を診る優秀な医者のように点検し、ジャッジを下し、整備する。お客さまとの信頼をベースに、熟練した技術で、機械ではできない有人点検がチカラを発揮しています。

maintenance_img01

コスモの哲学 ~メンテナンスの原点は『ヒト』~

膨大な数の部品で構成されるエレベーター。時と共に劣化し本来の性能が低下します。
メンテナンスとは正常な状態を維持すべく整備する、手を入れて性能の低下を防止する、子細な欠陥や不具合を見逃さず、先んじて措置を講じる。
これらは、あくまでも『ヒト』がエレベーターと向き合い、見て触って知識を駆使して行うことで実現されます。

一般的なリモートメンテナンスでは、遠隔操作による点検に重点が置かれ、技術者による整備作業は減らされる傾向にあります。
COSMOは『ヒト』による本来のメンテナンスに重きを置き、忠実に実践することで日々の安全安心を追求しています。